小田原城は小さく見えるけどすごい城です

以前お城を見るのにハマって、いろいろなお城をめぐりました。

お城めぐりのために、滋賀県に行って彦根城と長浜城を見たりとか、大阪で大阪城を見たり、名古屋で名古屋城を見たり。

一番近くのお城が地元の神奈川県の小田原城でした。
小田原城はぱっと見は小さく見えるのですが、歴史を見るとすごいお城です。


戦国時代に北条早雲が建てて、100年も続いたのです。
あの上杉謙信に攻められても落ちなかったということで、不落の城と思われていたようです。

まあ、そのせいで北條氏は自信を持ちすぎてしまい、結局豊臣秀吉に攻められて降伏することになるのですが。

箱根の山という自然の要塞があり、海にも面していて、まさに要害の地。

戦国時代においては、神奈川県の中心は間違いなく小田原だったのですね。