脚やせエステに通う際は間隔の空きすぎに注意!

下半身は重力の関係上、どうしても余分な水分が溜まりやすく、それと同時に老廃物も滞りやすくなります。そのため下半身太りに悩む人も少なくありません。そこで脚やせエステは強い味方になるのですが、施術と施術の間隔が空きすぎると注意が必要になります。

初めて脚やせエステを体験した人の多くは、その痛みに驚くとされています。滞った老廃物や余分な水分が下半身に溜まることで太ももの後ろなどにこり固まった脂肪のセルライトとして残ってしまいますが、これを流し体外に排出しやすい状態にするまでは、痛みを非常に感じやすいとされています。そのため脂肪がこり固まっている人は脂肪を柔らかくするため施術の間隔を空けず1週間に2回程度の施術を受けることを勧められます。

その後柔らかい脂肪になったことを確認出来たら1~2週間に1回の施術になることが一般的ですが、その間隔を勝手に空けてしまい1ヵ月に1回程度の頻度にすると再びこり固まった脂肪に戻ってしまう可能性があります。エステサロンではその人に合った施術の回数や頻度を考えて脚やせエステのプログラムを立てますので、そのプログラムを守ることも脚やせを達成するためには必要になります。

せっかかく柔らかくなった脂肪が再びセルライトの様なこり固まった脂肪になってしまっては非常にもったいなく、また再び短い間隔で通わなければならない可能性もあるため注意が必要です。そうならないためにも、おすすめの脚やせエステなどを参考に自分にあったサロン選びをしましょう。また、プロの目線で立てられた計画を守ることを忘れないようにしましょう。